和田拓という男

増田慶介

東芝ブレイブルーパス / センター

和田 拓という男は、FOR THE TEAMの人間だ。

拓と初めて会ったのは高校日本代表の候補合宿。

それ以前にも、

國學院久我山に1年生から試合に出ているやつがいる

って、九州でも有名だったから、どんな人なのだろうとすごく気になっていた。

会って話してみると、すごく爽やかで優しそうで、

ラグビーなんて激しいスポーツをするのかっていうくらい大人しい印象だった。

しかし、一緒にプレーしてみると、そのギャップに驚いた。

普段の柔らかい表情からは想像できない険しい顔でフルバックの最後尾からチームを鼓舞していた。

お互いのチームに戻り、冬の全国大会で対戦した時。

僕の高校と、拓の高校は偶然にも宿舎が近くて、練習会場も同じ奈良教育大学のグラウンドだった。

試合前日、お互いグラウンドを半分に分けて調整練習を終えた後のこと。

僕はいつものようにゴールキックの練習を終え、チームメイトと帰ろうとしていた。

そんな中、

相手チームの拓は一人グラウンドに残り、反対のポールに向かって黙々とゴールキックの確認をしていた。

その景色は、大学に入っても変わらなかった。

みんなが練習に疲れてクラブハウスに帰る中、拓はいつもグラウンドに残りキックの練習をしていた。

だからこそ、

どんな試合でも、

どんな大事なゴールキックの時でも、

いつも拓なら大丈夫という気持ちになった。

どんな状況や立場でも周りの為に自分を犠牲にして動ける拓だから、

周りも自然と拓を信頼していく。

信頼されているからこそ、キャノンでも2年目でキャプテンになったし、トップリーグキャプテン会議の代表にもなったのではないだろうか。

これからも拓の仲間として、拓がこれからどんな活躍をしていくか楽しみだ。

僕もその活躍に負けないように頑張りたい。

シェアする